スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

花鳥風月 ティンニン

ニコニコランキング、兄貴ばっかりでフイタwwww

どうもこんにちわ(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)アルベロです
今回は花鳥風月NMのティンニンいってきました。
マム系のステ4ですね。

マム系のボスとも言える存在でしょうか(´∀`)
HNMのハイドラは実装された時に1回やってトラウマになったので
それっきりやってなかったのです\(^o^)/
今なら1ptでできるらしいですね。

なので編成をどうしようかなぁと悩んでShしてたらボッkさんがテルしてくれました!
何人で倒した~とか教えてくれて参加もしてくれるようで(∩ω∩)
ぼっkさんの戦略を参考にして編成は
ナ赤(盾) 赤赤詩詩 黒4赤シ 侍黒 

Shしてたら結構集まってよかったです。
んで、このハイドラと戦う前に、500モンの浮島の渡り方の大事な物。
を所持してないと専用エリアにいけないため全員500モンあることが条件。

専用エリアは戦闘が始まると入れなくなる、連戦可能。
ここからトリガー100%じゃなくなります(´Д`)なんというバ開発

ティンティンの使用WSはこちら

パイリックブラスト(前方範囲ダメージ、悪疫、蝉貫通)
ポーラーブラスト(前方範囲ダメージ、麻痺、蝉貫通、首二本)

バロフィールド(範囲ダメージ、ヘヴィ、蝉貫通)
トレンブリング(範囲ダメージ、強化全消去、蝉複数)
サーペンタインテール(範囲大ダメージ、後方カウンター、蝉複数)
ナーヴガス(範囲ダメージ、毒・呪いHP50%、蝉消去、首三本)

パイリックブルワーク(物理バリア)
ポーラーブルワーク(魔法バリア)

注目するのは状態異常WSとナーヴガスでしょうか
パイリック、ポーラーは500前後くらってましたね。
ナーヴガスは盾役に聖水と毒消しを持たせてくらったら使うようにしてました。
盾2に対して赤2をいれ、どちらを担当するか決めてやりましたね。

詩人さんも2いるんでナーヴくらった時手空いてれば担当したほうカーズナで
赤が即効ケアルみたいな感じでした\(^o^)/

サーペンタインテールは絶対くらわないこと!
普通に死ねます('-')

んでこのティンティン、本家のリジェネはついていませぬ
物理、魔法共に耐性なし。
スタンは耐性なし、レジるのは入りにくいからかと

首の数だけWSが変化します。
首二本以上:バロフィールド>ポーラーブラスト or パイリックブラスト
首三本以上:ポーラーブルワーク or パイリックブルワーク>ナーヴガス
てな感じ( ´Д`)σ

あと沸かせた時は首1本HP50からスタート、
2分半ごとに首が生えて1本生えるごとにHP25%回復。
その時に首の数だけWSを使用。

なのでこちらが取った戦法
3本揃うまでシ侍で盾にタゲ維持補助。
黒は普通ぐらい削っておk、赤は弱体&盾補助
詩は盾にバラバラマチマチ、エレジー

や、全部うーぱぱが考えたんですけどね!
12人前後の人数テキパキと指示デキネ\(^o^)/

3本揃ったら本格的に削り開始。
氷で普通に削りつつ、シはサポ侍で黙想&射撃でTP貯め。
侍も黙想でTP貯め、追いつかなくなったらちょこっとティンニン殴る。

TP溜まり次第 闇連携>MB で一気に削るという作戦。

スタン回しは1戦目最初やってたんですが途中からやらなくてもいいようにw
そんくらい弱い相手でした!









てぃんてぃん


これならまだノスフェラトウのが強かった('A`)

3戦やりました、
1戦目はオラクル頭と素材\(^o^)/




2戦目はおいらのトリガー(´ゝ`)アルカロ出てもいいんじゃよ?


牙きた!


(´Д`)・・・
トリガー出たけど嬉しいようなアレなような
トリガとエンキ頭もらいました!

装備してみたらアルベロ画伯の称号を貰っちった/(^o^)\

3戦目は秋水とエンキ頭と素材。
うーん、ドロップ渋いのかなぁ。。ちょっとひどいなこりゃ

次やりたいのはケルかなぁ、サーラたんは結構強いらしいので楽しみ!
その前にアナンタやってブボロやらないとOrz

次回はU.H.うーみんは頭いかれてるのか?最終鬼畜4神玄武・G。
をお送りします!どうぞお楽しみに!キラッ☆

スポンサーサイト

テーマ : FINALFANTASY XI - ジャンル : オンラインゲーム

2008/07/14 14:24 | 花鳥風月NMCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。