スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

はやすぎる唐突に

それは朝なんとなしにTVつけた時。
ブラウン管の向こうが騒がしい、何かあったのかと眠い目をこすり画面を見る。
「マイケル・ジャクソンさん死亡か、救急車で病院搬送。」

魂をわしづかみにされたような衝撃が体を走り抜けた。
目が点になるとはこういうことを言うのだろう。
本当にえ?ってなった。
そこから仕事の準備も忘れTVに見入ってみてました。
仕事中もTVに釘付けで死亡確認が流れるまで信じたくなかった。

大スターの早すぎる死。

中2の時にスリラーを見てから、世界観、音楽観、ダンス、すべてがすごかった。
そこからマイケルのファンになってしまった。
俺らの年代じゃちょっと過ぎてたけどそこからマイケルの音楽を集めました。
整形だ性的虐待だのと騒がれてるけどいい曲を作るのは確かだし
音楽業界の中でマイケルほど偉大は人はいないんじゃないでしょうか。

ダンスは今でもマイケルを基本にしてる人だっている。
影響力、カリスマ性もあり、いろんな意味で社会に影響を与えました。
これからもマイケルの功績や遺産は永遠に残ると思います。
多分2度とこの人を超える人は出てこない。

音楽の一つの時代が終わった気がした。
マイケル今までありがとう!
ご冥福をお祈りします。



以下自分用に音楽をぺたり
























スポンサーサイト

2009/06/26 15:50 | 日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。